--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギャラクシータブ(Galaxy Tab)&ギャラクシーS(Galaxy S)、販売量が急増した理由は?

09:30

-ギャラクシータブ:ギャラクシーSなぜ売れる?
 
ギャラクシータブ販売量 ギャラクシーS販売量 Galaxy Tab Galaxy S1 


日本の携帯電話市場は、『外国製携帯電話の墓』と呼ばれるほどに閉鎖的な方だ。
しかし、現在の日本の携帯電話メーカーは競争力のあるスマートフォンを出すことができずにおり、
世界市場でのパフォーマンスを証明された韓国の「ギャラクシーS(Galaxy S)&ギャラクシータブ:(Galaxy Tab)」、 アップルのアイフォン(iPhone)など外国製スマートフォンが強気を示している。

関連業界によると、『ギャラクシー・S|ギャラクシー・タブ』韓国のスマートフォンが日本で人気を集めているという。

売上高1000万台を超えたギャラクシーSは、昨年10月末にNTTドコモを通じ、日本の市販に突入した。
その結果、昨年末までに日本国内で25万台を売った。

ギャラクシータブ販売量 ギャラクシーS販売量 Galaxy Tab Galaxy S3

市場調査会社BCNによると、10月第4週には、「Galaxy S(ギャラクシーS)」の販売量がアップルの『iPhone:アイフォン』の販売を追い越したりもした。

昨年11月末にNTTドコモから発売されたタブレットPC『ギャラクシー-タブ(Galaxy-Tab)&』も、去年の年末までに15万台を売った。
サムスン電子関係者は"'ギャラクシーS(Galaxy S)'は、これまで3回も週間販売1位に上がったが、
ギャラクシーSの量が不足して日本市場に十分な量が供給されていない"とし、"供給量を増やして販売を拡大していく計画だ"と話した。

ギャラクシータブ販売量 ギャラクシーS販売量 Galaxy Tab Galaxy S2

韓国のスマートフォンの活発な日本進出は2008年のiPhoneの導入以来、日本のスマートフォン市場が急成長している中で、iPhoneを供給する、ソフトバンク以外の移動通信会社が、iPhoneに対抗するため、グローバル競争力を備えた韓国、スマートフォンの導入を推進しているからだというの分析である。

AppleのiPhoneは、2008年7月、日本に導入された後昨年末までの累積販売台数325万台を記録し、スマートフォンのブームを起こしている。

日本の携帯電話市場ではスマートフォンの割合は、2015年の40%水準まで拡大すると見込まれる。

ただし、携帯電話市場をリードする日本の携帯電話会社のスマートフォンの競争力は脆弱である。
SAによると、第3四半期の世界スマートフォン市場で富士通は、販売台数140万台(シェア1.8%)で8位、シャープは販売台数70万台(0.9%)で10位に上がっただけで、残りの企業は、初めから10位に名を上げることができなかった。

ギャラクシータブ販売量 ギャラクシーS販売量 Galaxy Tab Galaxy S4

これにより、NTTドコモ、KDDIなどがすぐにAppleのiPhoneに対抗するためのカードとしてのAndroidスマートフォン市場で頭角を示されている韓国企業の製品(ギャラクシータブ(Galaxy Tab)&ギャラクシーS(Galaxy S))の導入に乗り出しているということだ。

業界のある関係者は"日本の携帯電話市場は、通信事業者の影響力が絶対的であるうえ、消費者の性向も、他の国とは明確に区別されているユニークな市場"とし、"全体の市場規模が韓国に比べて1.5〜2倍のうえに、相対的にアップルに比べては、韓国企業が日本の消費者たちの口に合う様々なスマートフォンのラインナップを提供することができるという点で、今後への進出がさらに活発になるだろう"と見通した。
関連記事

スマートフォン情報記事

 

GALAXY S3情報

 

Galaxy Nexus情報

 

Galaxy S2(ギャラクシーS2)情報

 

最新ITニュース情報

 

Apple(アップル)情報記事

 

Google(グーグル)関連情報記事

 

ノートPCニュース情報

 

Facebook(フェイスブック)情報記事

 

年賀状無料フリーソフト

 

無料おすすめ家計簿ソフト

 

おすすめ無料フリーソフト

 

おすすめ無料解凍ソフト

 

無料フリーソフト王国最新情報


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。