--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギャラクシーS2(GALAXY S2) 6月 日本発売!ギャラクシーS(GALAXY S) iPhone(アイフォン)に勝った?(日本の携帯電話(スマートフォン)の動向を分析!)

02:01

ギャラクシーS2(GALAXY S2)6月 日本発売!
ギャラクシーS(GALAXY S) iPhone(アイフォン)に勝った?

ギャラクシーS(GALAXY S)第1四半期の100万台売って6ヶ月ぶりに4位!
ソフトバンク(SoftBank)、アップル(Apple)に判定勝ち!

ギャラクシーS2(GALAXY S2) NTTドコモ(NTT DOCOMO)提携!
ギャラクシーS2(GALAXY S2) 6月 日本発売!



ギャラクシーS2(GALAXY S2) 6月 日本発売!ギャラクシーS(GALAXY S) iPhone(アイフォン)に勝った?(日本の携帯電話(スマートフォン)の動向を分析!)1
ギャラクシーS(GALAXY S) iPhone(アイフォン)に勝った?


三星(サムスン)電子ギャラクシーS(GALAXY S)が日本の携帯電話(スマートフォン)市場でアップル(Apple)のiPhone(アイフォン)を抜いた。

昨年10月、ギャラクシーS(GALAXY S)を先に立たせ、日本に本格的に進出してから6ヵ月ぶりのことだ。

三星(サムスン)電子が海外市場で、単一のモデルでアップル(Apple)の先に進んだのは初めてだ。

全ての日本の携帯電話(スマートフォン)市場では4位に上がった。

外国産の製品の保守的な日本の消費財市場で韓国企業が5位以内に入ったのも異例だ。


日本の携帯電話(スマートフォン)の動向を分析する!


シャープ(SHARP)、富士通(FUJITSU)、パナソニック(Panasonic)に続き、4位!
 

ギャラクシーS2(GALAXY S2) 6月 日本発売!ギャラクシーS(GALAXY S) iPhone(アイフォン)に勝った?(日本の携帯電話(スマートフォン)の動向を分析!)2
日本の携帯電話(スマートフォン)の動向を分析!)


市場調査会社Strategy Analytics(SA)は、第1四半期の日本の携帯電話(スマートフォン)市場で三星(サムスン)電子がアップル(Apple)を抜いて、販売台数ベースの4位を占めたと27日発表した。

三星(サムスン)電子の第1四半期の日本国内の携帯電話(スマートフォン)販売台数は100万台で、市場シェアは11.0%だった。

1位は180万台を売ったシャープ(SHARP)(19.2%)、2位は140万台の富士通(FUJITSU)(15.2%)、3位は100万台のパナソニック(Panasonic)(11.0%)である。

アップル(Apple)は5位に90万台(9.9%)を販売した。

市場調査会社Strategy Analytics(SA)は、"今まで日本の携帯電話(スマートフォン)市場は、海外のメーカーが参入することができなかった"とし、"アップル(Apple)が先にiPhone(アイフォン)で市場を揺るがすだったし、続いて三星(サムスン)電子がNEC、カシオ(CASIO)、京セラなど、ほとんどが日本メーカーを追い越し始めた"と評価した。

三星(サムスン)電子は昨年10月、スマートフォンのギャラクシーS(GALAXY S)と7インチのタブレットPC GALAXY Tab(ギャラクシータブ)を日本最大の携帯電話会社NTTドコモ(NTT DOCOMO)から発売し、日本市場に進出した。

日本のIT専門サイトBCNの調査によると、ギャラクシーS(GALAXY S)は、昨年12月から今年2月まで3カ月連続で販売ランキング1位を走った。

5月末現在、ギャラクシーS(GALAXY S)の販売台数は90万台、GALAXY Tab(ギャラクシータブ)販売台数は25万台と推算される。


ギャラクシーS(GALAXY S)の成功の秘訣は?高性能の現地化の秘訣!


ギャラクシーS2(GALAXY S2) 6月 日本発売!ギャラクシーS(GALAXY S) iPhone(アイフォン)に勝った?(日本の携帯電話(スマートフォン)の動向を分析!)3
ギャラクシーS2(GALAXY S2) 6月 日本発売!


ギャラクシーS(GALAXY S)の成功はアップル(Apple)のiPhone(アイフォン)との競争を狙った高性能なハードウェアおよびローカライズの努力のおかげである。

ギャラクシーS(GALAXY S)は、昨年の「iPhone(アイフォン)ショック」を経験した三星(サムスン)電子が大規模な人材を投入して製作された製品である。

日本1位の移動通信会社、NTTドコモ(NTT DOCOMO)がiPhone(アイフォン)を前面に出した日本3位の通信社、ソフトバンク(SoftBank)の攻勢に対抗する主力武器(スマートフォン)としてギャラクシーS(GALAXY S)を選択した背景である。

徹底した現地化戦略も「大人気!ギャラクシーS(GALAXY S)!」のもう一つの要因として挙げられる。

三星(サムスン)電子側は、地元の消費者の利用習慣に合わせたユーザインタフェース(UI)とコンテンツを整えるために心血を注いだと伝えている。

当時、NTTドコモ(NTT DOCOMO)の役員が"全力を尽くす姿勢を感じた"と感嘆したほどだ。

人気の雑誌や漫画を見ることができる電子書籍アプリ「コミックストア(マンガストア)、eBookJapan(イーブックジャパン)」などが標準搭載された。

これらの強みのために日本の利用者たちの間で、高画質の動画や漫画(マンガ)のコンテンツを見るには最適なスマートフォンという評価を受けた。

4インチのアクティブマトリックス有機発光ダイオード(AMOLED)の画面というハードウェアの現地事情に合った漫画のコンテンツが加わったわけだ。


6月に日本発売するギャラクシーS2(GALAXY S2)!

NTTドコモ(NTT DOCOMO)は、来月以降のモデルであるギャラクシーS2(GALAXY S2)を発売することにした。
 

ギャラクシーS2(GALAXY S2) 6月 日本発売!ギャラクシーS(GALAXY S) iPhone(アイフォン)に勝った?(日本の携帯電話(スマートフォン)の動向を分析!)4
ギャラクシーS2(GALAXY S2) 6月 日本 発売!

NTTドコモ(NTT DOCOMO)が今年の夏に販売する9種のスマートフォンの中で、デュアルコアCPUと4.3インチ以上の画面を搭載した製品は、ギャラクシーS2(GALAXY S2)が唯一だ。

三星(サムスン)電子は、ここでは現在、日本最大のソーシャルゲームサービス、モバゲータウン、日本最大の人気アルバム販売集計業者、オリコンのオンライン音楽サービスなどを搭載する予定だ。
関連記事

スマートフォン情報記事

 

GALAXY S3情報

 

Galaxy Nexus情報

 

Galaxy S2(ギャラクシーS2)情報

 

最新ITニュース情報

 

Apple(アップル)情報記事

 

Google(グーグル)関連情報記事

 

ノートPCニュース情報

 

Facebook(フェイスブック)情報記事

 

年賀状無料フリーソフト

 

無料おすすめ家計簿ソフト

 

おすすめ無料フリーソフト

 

おすすめ無料解凍ソフト

 

無料フリーソフト王国最新情報


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。