--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グーグルボイス(Google Voice)アイフォーン(iPhone)にも使用できる!

01:25

グーグルボイス(Google Voice)アイフォーン(iPhone)にも使用できる!

グーグルボイス(Google Voice)アイフォーン(iPhone)

Google(グーグル)のインターネット電話サービスGoogle Voice(グーグルボイス) アプリケーションをアップルのiPhone(アイフォーン)にも使用できる道が開かれた。

Google(グーグル)のインターネット電話サービス

Apple(アップル)の広報担当者トゥルディモルロは、Apple(アップル)が再送信されたGoogle Voice App (グーグルボイスアップ)を検討した結果、これを承認、"現在、App Store(アップストア)の利用可能な30万あまりのアプリの一つに、Google Voice App(グーグルボイスアップ)が登録された"と16日発表した。しかし、App(アップ)承認することになった背景は説明しなかった。

Google Voice App (グーグルボイスアップ)

Google Voice(グーグルボイス)を使用しているユーザーは、サービス開始時に配分される新しい電話番号を既存の電話回線との連動、かかってきた電話を、携帯電話、自宅電話、オフィスの電話番号など、お好みの端末で受信することができる。

何よりも、従来に比べはるかに低価格で電話をかけることができるというのがGoogle Voice(グーグルボイス)の最大の強みである。
Google Voice(グーグルボイス)

Googleは、1年4ヶ月前にGoogle Voice App (グーグルボイスアップ)アップルのApp Store(アップストア)登録しようとしたが失敗した場合、両社間の葛藤がはみでると、結局、米連邦通信委員会(FCC)まで出て真相明らかに乗り出した。

当時、FCCは、Google(グーグル)とApple(アップル)、AT&Tの側面に、iPhone(アイフォーン)上でGoogle(グーグル)の音声アプリの使用を許可していない理由を聞いたし、これに対してApple(アップル)は、Google Voice App (グーグルボイスアップ)、iPhone(アイフォーン)に内蔵された機能のうち、一部と重複してブロックしたと答えた。

iPhone(アイフォーン)上でGoogle(グーグル)の音声アプリ

AT&Tは、Google(グーグル)の音声アプリのブロックが完全にApple(アップル)、が下した決定だと最初に答えたが、その後、Apple(アップル)、との合意のもと、iPhone(アイフォーン)でのインターネット電話サービスを利用することを制限したことを認めたことがある。

1年以上継続された『iPhone - Googleの音声アプリ『人気は終わったが、AT&Tなどのブロードバンドのインターネット網事業者が、特定のApp(アップ)を遮断することを禁止するかについての議論は、しばらくの間続くものと見られる。
関連記事

スマートフォン情報記事

 

GALAXY S3情報

 

Galaxy Nexus情報

 

Galaxy S2(ギャラクシーS2)情報

 

最新ITニュース情報

 

Apple(アップル)情報記事

 

Google(グーグル)関連情報記事

 

ノートPCニュース情報

 

Facebook(フェイスブック)情報記事

 

年賀状無料フリーソフト

 

無料おすすめ家計簿ソフト

 

おすすめ無料フリーソフト

 

おすすめ無料解凍ソフト

 

無料フリーソフト王国最新情報


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。