--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インターネットエクスプローラー(IE:Internet Explorer)の時代は終わった?

15:20

インターネットエクスプローラー(IE:Internet Explorer)の時代は終わった?

インターネットエクスプローラー(IE:Internet Explorer)

マイクロソフト(MS)のインターネットエクスプローラー(IE:Internet Explorer)がインターネットのブラウザ市場でのシェアが落ちていることが分かった。

インターネットエクスプローラー(IE:Internet Explorer)の先月の市場シェアが49.9%から低下したWeb分析会社スタトカウントウイの調査を引用し、CNNマネーが6日(現地時間)報道した。

多くのインターネット利用者たちは、まだIEを利用しているが競合ブラウザがMSを猛追している状況である。

Mozilla Firefox Google Chrome Apple Safari

現在のインターネットエクスプローラー(IE:Internet Explorer)を脅かしているブラウザは、MozillaのFirefox(モジラ ファイアフォックス)は、GoogleのChrome(グーグルクローム)は、AppleのSafari(アップルサファリ)などがある。

これらはブラウザ市場を独占していたMS(マイクロソフト)の市場シェアを分けて食べ始めてMS(マイクロソフト)の地位は徐々に狭められている。

Internet-Explorer6.jpg

MS(マイクロソフト)は、1990年代の原図のオペレーティングシステムにインターネットエクスプローラー(IE:Internet Explorer)を含ませながらしたときに90%以上のシェアを記録した。

当時、インターネットエクスプローラー(IE:Internet Explorer)のバンドル販売は、米国および欧州市場でのMS(マイクロソフト)に対する独占禁止法の制裁の事態につながった。 MS(マイクロソフト)は、利用者がOSをインストールするときにブラウザを選択できるように修正した。

Mozilla-Firefox.jpg

エオドゥヘンカレンステータスカウンタ最高経営責任者(CEO)は、"ブラウザ市場でかなり画期的な事件が起きた"とし、"2年前も、IEは、世界市場の67%を占めていた"と話した。

IE9: Internet Explorer 9

インターネットブラウザ市場に関する統計は、まだ統一されていない状況。市場調査会社ネトオプルリケイションウンインターネットエクスプローラー(IE:Internet Explorer)が59.7%の安定的なシェアを維持していることを明らかにした。

関連記事

スマートフォン情報記事

 

GALAXY S3情報

 

Galaxy Nexus情報

 

Galaxy S2(ギャラクシーS2)情報

 

最新ITニュース情報

 

Apple(アップル)情報記事

 

Google(グーグル)関連情報記事

 

ノートPCニュース情報

 

Facebook(フェイスブック)情報記事

 

年賀状無料フリーソフト

 

無料おすすめ家計簿ソフト

 

おすすめ無料フリーソフト

 

おすすめ無料解凍ソフト

 

無料フリーソフト王国最新情報


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。