--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Galaxy S2北米発売!サムスン電子、Galaxy S2(ギャラクシーS2)海外事業所での同時多発生産!

22:24

Galaxy S2北米発売!サムスン電子、海外事業所での同時多発Galaxy S2(ギャラクシーS2)生産!

Galaxy S2北米発売!サムスン電子、Galaxy S2(ギャラクシーS2)海外事業所での同時多発生産! 1
 
Galaxy S2北米発売!サムスン電子、Galaxy S2(ギャラクシーS2)海外事業所での同時多発生産!

iPhone(アイフォン)の最大のライバル、Galaxy S2(ギャラクシーS2)がいよいよ北米市場で発売される。


関連業界によると、サムスン電子は今月29日にニューヨークでGalaxy S2(ギャラクシーS2)の発売発表会を行い、本格的な北米市場の攻略に突入する。

このため、サムスン電子は、現地の主要メディアやブロガーたちに招待状を発送した。

この招待状には、三星(サムスン)電子が主な製品を発表するという内容と場所、日時だけをお知らせしており、どのような製品を発表するのかは明らかにしなかった。

ただし、招待状の一番下にGalaxy S2(ギャラクシーS2)を意味する"Ⅱ"が書き込まれており、この日のイベントがGalaxy S2(ギャラクシーS2)の北米市場で発売という点を示唆した。

サムスン電子関係者は、正確な発売時期は口を閉ざしていたが、"今月末Galaxy S2(ギャラクシーS2)の北米発売が予定されている"とし"すべての通信会社を介して供給される予定"と説明した。

Galaxy S2北米発売!サムスン電子、Galaxy S2(ギャラクシーS2)海外事業所での同時多発生産! 3
Galaxy S画像(ギャラクシーS画像)

前モデルGalaxy S(ギャラクシーS)の場合、CDMA事業者のVerizon(ベライゾン)とSprint(スプリント)のは、"ファッシネイト(Fascinate)"と"エピック4G(Epic 4G)"という名前で、GSM通信事業者AT&TとTモバイルは"キャプティベイト(Captivate)と"バイブラント(Vibrant)"という名前で発売されたことがある。

これにより、Galaxy S2北米発売も4つの通信会社ごとに別の名前と、各通信事業者が要求する仕様で発売されると予想される。

Galaxy S2北米発売!サムスン電子、Galaxy S2(ギャラクシーS2)海外事業所での同時多発生産! 2 
サムスン電子の戦略スマートフォンGalaxy S2(ギャラクシーS2)、発売85日ぶりに500万台販売を突破した。

Galaxy S2仕様(スペック)は、1.2GHzのデュアルコアプロセッサと4.3インチ型のSUPER AMOLED Plus( スーパーアモレッドプラス/スーパー有機EL)ディスプレイ、800万画素カメラを装備した。

Galaxy S2は、強力な機能にも厚さ8.9mm、重さ121gで携帯性も高い。

Galaxy S2(ギャラクシーS2)は、発売85日ぶりの7月末に全世界500万台を突破して快調の歩みを続けている。

一日6万台が販売されたということを考えると、現在の600万台の販売は無難に達成したものと推定されている。

このうち、世界最大市場である北米で発売されることによって、10月中にテンミリオンセラー達成が可能であると見込まれている。

Galaxy S2と、Apple(アップル)iPhoneのとの真剣勝負も関心事だ。

"iPhone5(アイフォン5)"で予想される新型iPhone(アイフォン)は10月初めに発売される見込みで、両社は、北米の消費者の選択をめぐり激しい競争を繰り広げるものとみられる。


サムスン電子、海外事業所での同時多発Galaxy S2(ギャラクシーS2)生産!

 
Galaxy S2北米発売!サムスン電子、Galaxy S2(ギャラクシーS2)海外事業所での同時多発生産! 4 
Galaxy S2北米発売!サムスン電子、海外事業所での同時多発Galaxy S2(ギャラクシーS2)生産!

三星(サムスン)電子が今年4月に初めて披露されたGalaxy S2(ギャラクシーS2)をベトナム、インド、ブラジルなど海外事業所でも生産を開始した。

サムスン電子の携帯電話戦略モデルを国内外の事業場でこのようにほぼ同時に生産するのは初めてだ。

主力製品のマーケティングを高めるための"グローバルシングルローンチ"の戦略であり、世界のスマートフォン市場の覇権を取るという意志と解釈される。

業界によると、サムスン電子は、Galaxy S2(ギャラクシーS2)を今月から、ベトナムの事業場を中心に海外主要生産拠点での大規模な生産に突入した。

先立って5月から、ベトナム、インド、ブラジルなどでも少量だが生産を開始した。Galaxy S2発売4ヶ月ぶりのことだ。

前モデルのGalaxy S発売後、中国天津に生産拠点を多様化させるために8〜9ヶ月がかかったことを考えると、事実上同時生産に相違ない。

ベトナム工場は、Galaxy S2(ギャラクシーS2)をはじめとする次世代のスマートフォン中核生産基地として浮上した。

初期のインドやブラジルの工場のGalaxy S2(ギャラクシーS2)生産量が国内向けに微々たる規模にとどまる一方で、ベトナム工場は、最初の生産量が月50万台に迫る。

単純に、現地市場対応の次元ではなく、ヨーロッパなど世界の輸出の拡大を狙った規模だ。

三星(サムスン)電子がGalaxy S2の海外生産を開始し、協力会社の動きも速くなった。

協力会社関係者は"先月、三星(サムスン)電子からの突然の通告を受けたので、しばらくは中国工場から部品の供給をするが、今年の秋までにはベトナムの現地供給体制を構築する"と言いながら"ベトナム工場のスマートフォンの生産能力を年内に30〜40%に拡大する計画で、関連会社も、部品供給の準備に速度を出している"と話した。

サムスン電子関係者は"プレミアム級のスマートフォンは、韓国内事業所で品質と量産能力を確保すれば、すぐに海外の事業場に多様化するという原則"とし"Galaxy S2は、旋風的な人気を集めるヒット商品なのでお早めに、海外の生産量を増やしている"と話した。
関連記事

スマートフォン情報記事

 

GALAXY S3情報

 

Galaxy Nexus情報

 

Galaxy S2(ギャラクシーS2)情報

 

最新ITニュース情報

 

Apple(アップル)情報記事

 

Google(グーグル)関連情報記事

 

ノートPCニュース情報

 

Facebook(フェイスブック)情報記事

 

年賀状無料フリーソフト

 

無料おすすめ家計簿ソフト

 

おすすめ無料フリーソフト

 

おすすめ無料解凍ソフト

 

無料フリーソフト王国最新情報


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。