--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Galaxy S2 白(ホワイト)発売!iPhone 5(アイフォン5)と競争!1.5秒に1台売れるというGalaxy S2(ギャラクシーS2)の隠された本音?

22:15

Galaxy S2 白(ホワイト)発売!iPhone 5(アイフォン5)と競争!
iPhone 5の日本発売が早ければ、10月も可能?

Galaxy S2 白(ホワイト)発売!iPhone 5(アイフォン5)と競争!1.5秒に1台売れるというGalaxy S2(ギャラクシーS2)の隠された本音?1 
Galaxy S2 白(ホワイト)発売!iPhone 5(アイフォン5)と競争!
1.5秒に1台売れるというGalaxy S2(ギャラクシーS2)の隠された本音?

三星(サムスン)電子のGalaxy S2 白(ホワイト)モデルの発売で、今年の秋に発売予定のiPhone 5ともう一回激しい競争を予告した。

サムスン電子は15日、表面と裏面の両方に白色(ホワイト)を適用したGalaxy S2(ギャラクシーS2)のホワイトモデルを韓国に正式発売した。

サムスン電子関係者は"ホワイト製品は、既存のブラック製品とはまた別のGalaxy S2の新たな魅力をプレゼントする"とし"女性層と若年者層を中心に良い反応が予想され、Galaxy S2の販売拡大が一層加速化するだろう"と期待を見せた。

一方、複数の外国メディアの報道によると、ピーターオッペンハイマーAppleの最高財務責任者(CFO)は今年9月にiPhoneの新製品が発売されることを暗示した。

特に、AppleはiPhone 5から米国、英国、日本、オーストラリアなどをはじめ、韓国をティア・ワン(Tier 1 ·最優先の新製品発売国)に格上げした。

もし、9月22日、北京で始まるMacworld(マックワールド)基調演説を通じ、iPhone 5が発売されたら1週間後に米国で発売され、iPhone 5日本発売は10月初旬~10月末に発売されるものと見込まれている。

しかし、Macworld(マックワールド)以外の行事で8月末か9月初めに、iPhone 5が発売されたら、iPhone 5が9月以内に発売される可能性も提起されている。

一部の消費者は、Twitterと​​スマートフォンのユーザーコミュニティなどで、すでに発売されたGalaxy S2を買うのか、まもなく発売されるiPhone 5を待って購入するかどうか悩む姿を見せたりした。



1.5秒に1台売れているというGalaxy S2の隠された本音? 

Galaxy S2 白(ホワイト)発売!iPhone 5(アイフォン5)と競争!1.5秒に1台売れるというGalaxy S2(ギャラクシーS2)の隠された本音?3 
Galaxy S2(ギャラクシーS2)全体販売の500万台のうち200万台が韓国で売れた?

サムスン電子は今年4月末に発売したGalaxy S2が発売85日(7月22日基準)で世界累計販売500万台(供給基準)を突破したと発表した。

Galaxy S2は、発売24日ぶりに100万台を超えた後、500万台を突破し、販売量が急上昇している。

Galaxy S2の販売率は、前作のGalaxy Sを圧倒する。

Galaxy S2の300万台突破時点は、Galaxy Sより30日前倒しした55ことであり、500万台突破も40日も速くなり、Galaxy S(ギャラクシーS)が達成した7ヶ月ぶりに1000万台の販売記録更新は確実と見られる。

ここにサムスン電子は、英国とスイスでの携帯電話市場のシェア1位になったという発表が加えられ、Galaxy S2(ギャラクシーS2)は、世界市場全体を席巻しているという感じを与えた。

しかし、Galaxy S2の販売量の半分が韓国で販売された内部事情はよく知られていない。

サムスン電子関係者は、Galaxy S2(ギャラクシーS2)の全体の販売500万台のうち200万台が韓国で売れたと明らかにした。

このような内容を省略して、世界市場の500万台の販売だけを強調したのだ。

韓国市場を掌握したGalaxy S2が世界市場も席巻するかは見守らなければならないという指摘だ。

Galaxy S2の韓国売上高が全体販売量の半分近くに達するという事実は、Galaxy S2(ギャラクシーS2)が世界市場を狙って誕生したという宣伝と似合わない。

これに対し、サムスン電子は"国内(韓国)市場に先に発売し、海外市場の販売を遅らせながら生じた効果"と言いながら"時間が経つと、総売上高で国内販売の割合は小さくなると予想する"と述べた。 

 
Galaxy S2 白(ホワイト)発売!iPhone 5(アイフォン5)と競争!1.5秒に1台売れるというGalaxy S2(ギャラクシーS2)の隠された本音?2
Galaxy S2(ギャラクシーS2)を海外よりも国内市場に販売する場合、サムスン電子が得る収益がはるかに多い?

しかし、これに対する業界関係者の解釈は違う。

専門家は"Galaxy S2(ギャラクシーS2)を海外よりも国内市場に販売する場合、サムスン電子が得る収益がはるかに多い"と明らかにした。

収益性を考えると、当然、サムスン電子は、Galaxy S2(ギャラクシーS2)の国内(韓国)の販売を好むということだ。

また、Galaxy S2は、世界最大の携帯電話市場の一つである米国ではまだ発売できなかった。

Galaxy S2の国内市場投入以来、2か月半が過ぎたが、米国市場への進出を出来ずにいる。

昨年のGalaxy Sは一ヶ月間隔で、韓国市場と米国市場で発売された。

サムスン電子は、"米国の通信会社との交渉が長くなっている"と明らかにした。

交渉が長くなる背景について専門家らは"米国の通信会社は、ギャラクシーS2の価格を下げてくれることを望んでいるが、サムスン電子は当然拒否し、交渉が難航している"と話している。

ヨーロッパの通信事業者よりもアメリカの通信社にGalaxy S2が魅力的でない理由は、米国の携帯電話会社、モトローラ(Motorola)があるからだ。モトローラはアメリカの通信規格であるCDMAの強者だ。

米国の通信事業者には、サムスン電子がなくても選択肢がある。

昨年のギャラクシーSが発売された時期には、サムスン電子の競争会社のモトローラ(Motorola)と台湾のHTCなどは新製品を発売することができなかった。

米国の通信事業者の立場では、iPhone(アイフォン)以外にGalaxy S(ギャラクシーS)が事実上唯一の選択肢だった。

Galaxy S2が変化した経営環境でも、昨年同様にアメリカで成功するかどうか市場が注​​目している。
関連記事

スマートフォン情報記事

 

GALAXY S3情報

 

Galaxy Nexus情報

 

Galaxy S2(ギャラクシーS2)情報

 

最新ITニュース情報

 

Apple(アップル)情報記事

 

Google(グーグル)関連情報記事

 

ノートPCニュース情報

 

Facebook(フェイスブック)情報記事

 

年賀状無料フリーソフト

 

無料おすすめ家計簿ソフト

 

おすすめ無料フリーソフト

 

おすすめ無料解凍ソフト

 

無料フリーソフト王国最新情報


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。