--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンドロイド突風、スマートフォン市場が変わる?

09:00

アンドロイド突風、スマートフォン市場 

スマートフォン市場アンドロイド運用システム(OS)のシェアが急激に増えていることが分かった。

3日(現地時間)、米国の市場調査会社comScoreが発表した資料によると、昨年8月から10月までの3ヶ月間、米国のスマートフォンプラットフォーム市場でのアンドロイドのシェアは23.5%であることが分かった。

これは、直前の3ヶ月(17%)より6.5%ポイントが増えたのだ。

ギャラクシータブ
アップルのiOSの場合は24.6%で、今のところ、アンドロイド(Android)よりもシェアがノプギンしたが、直前の3ヶ月(23.8%)に比べてシェアの増加額は0.8%にとどまり、アンドロイドに遠からず逆転するとみられる。

RIMのBlackBerry OSは、米国のスマートフォン市場で1位を記録しているがシェアは39.3%から35.8%へと3.5%ポイント減少した。

また、マイクロソフトのウィンドポンOSも、シェアが11.8%から9.7%へと2.1%ポイント減ったほか、Palm OSも4.9%から3.9%に減った。
アンドロイド ギャラクシータブ

8月から10月までの3ヶ月間、米国でのスマートフォンを使う人は6千70万人で、直前の3ヶ月に比べて14%増えた数値だ。

米国のスマートフォン市場が急速に拡大している中で、アンドロイドのシェアが持続的に増えて、iPhoneのシェアは停滞状態であり、他のOSの場合は、継続的にシェアを失っている状況だ。

一般的な携帯電話まで合わせた場合、この期間中に携帯電話を最も多く供給メーカーは、サムスン電子にシェアが24.2%だった。サムスン電子は、直前の3ヶ月に比べてシェアを1.1%ポイント増やして躍進したことが分かった。

アイフォーン iPhone

続いて、LG電子が21.0%で2位を維持しており、モトローラ(17.7%)、RIM(9.3%)、ノキア(7.1%)の順だった。この5社の中でシェアを拡大した企業は三星(サムスン)とRIM(0.3%ポイント↑)である。
関連記事

スマートフォン情報記事

 

GALAXY S3情報

 

Galaxy Nexus情報

 

Galaxy S2(ギャラクシーS2)情報

 

最新ITニュース情報

 

Apple(アップル)情報記事

 

Google(グーグル)関連情報記事

 

ノートPCニュース情報

 

Facebook(フェイスブック)情報記事

 

年賀状無料フリーソフト

 

無料おすすめ家計簿ソフト

 

おすすめ無料フリーソフト

 

おすすめ無料解凍ソフト

 

無料フリーソフト王国最新情報


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。